東京/神奈川で成功率90%以上の精密根管治療|ALBA歯科&矯正歯科

キービジュアル

「高倍率ルーペ」を使った
精密」根管治療

  • 「CT」による精密検査
  • 感染部位を取り除く「ニッケルチタンファイル」
  • 抜歯を防ぐ「歯根端切除術」

セカンドオピニオンも受け付けています〜

半数以上が再発する、日本の根管治療

根管治療の再発に悩む女性

虫歯で歯の神経が炎症を起こすと、神経を取り除く「根管治療」を行います。
神経を取り除くと、痛みは治まります。しかし、神経と取ったはずの歯がふたたび炎症を起こし、歯茎が腫れて痛くなった経験をお持ちの方は多いと思います。実は、「根管治療」は、炎症が再発することが多い治療なのです。

ある調査によると、日本の保険診療で根管治療を行ったところ、50〜70%の歯で再び炎症が起こり、膿が溜まっていたそうです。つまり、一般的な根管治療では、半数以上で再発したことになります。

どうしてこんなに再発しやすいのでしょう?

それは、歯の中から虫歯菌をしっかり除菌しきれていないからです。

根管治療は「最初が肝心」

根管治療について説明する歯科医師

神経を取り除くと、歯の寿命は短くなってしまいます。神経には、歯に栄養を届ける血管も含まれているため、神経を取り除くと歯は栄養を取り入れる経路を失います。こうなると、枯れ木と同じです。時間の経過とともに歯はもろくなっていきます。ここで再発してしまうと、もろくなった歯を再び削ることになります。こんなことを繰り返すうちに、歯は割れてしまうでしょう。

もうお分かりですね。根管治療を繰り返すことはできません。始めから、再発しないようにしっかり治す必要があります。

再発を防ぐ「精密」根管治療

根管治療に取り組む歯科医師

日本の保険診療における根管治療の成功率は、せいぜい50%程度です。これに対して、欧米では90%を超える成功率があります。この違いは、保険診療の制約にあります。世界的に見れば、根管治療の成功率を上げる器具や治療法は開発されているのですが、日本の保険診療では認可されてないものも多く、こんなに差が開いてしまいました。

ALBA歯科&矯正歯科では、保険診療においても可能な限りこういった器具や治療法を取り入れ、より成功率の高い根管治療を実践しています。

ALBA歯科&矯正歯科の根管治療には、次のような特長があります。

  • CT」や「高倍率ルーペ」による「可視化」治療
  • 再感染を防ぐ「ラバーダム防湿
  • ニッケルチタンファイル」の活用

以下、詳しくご紹介します。

複雑な根管を可視化する「CT」検査

次の写真をご覧ください。歯の中を走る黒い筋が「根管」です。

根管の内部は複雑な形状をしています

ご覧の通り、非常に複雑で、この形は患者さんひとりひとりによって異なります。こんなに狭くて複雑な根管から、原因菌を取り除くのはいかに難しいか、お分かりいただけると思います。

X線装置「CT」で根管を可視化

ALBA歯科&矯正歯科では、根管の様子を確認するために、治療の前にX線検査を行います。X線検査といえば、レントゲンが有名ですが、当院は「CT」を使います。CTはお口の周囲を全方向から撮影するので、2次元で撮影するレントゲンに比べて立体的で鮮明な影像が得られます。

「高倍率ルーペ」「マイクロスコープ」による精密治療

高倍率ルーペで根管治療を行う歯科医師

根管の内部はとても狭く、直径1mmに満たないところもあります。こんなに狭い根管から、しっかり神経組織を取り除かないと、根管治療は成功しません。ところが、多くの歯科医院ではこの処置が肉眼で行われています。これでは限界があり、根管治療の成功率が低い理由のひとつにもなっています。

ALBA歯科&矯正歯科では、「高倍率ルーペ」という歯科専用の拡大鏡を使って、拡大した患部を見ながら治療をします。これにより精度の高い治療が可能になります。

根管治療の精度を上げるマイクロスコープ/インプラント治療の精度を上げるマイクロスコープ

院によっては「マイクロスコープ」という、さらに拡大率の高い歯科用顕微鏡を使って治療することもあります。
※マイクロスコープは、東戸塚院、渋谷院に設置。

再感染を防ぐ「ラバーダム防湿」

根管治療の成功率を上げるラバーダム

唾液の中には、皆さんが想像する以上に多くの細菌が含まれています。どんなに丁寧に感染部位を取り除いても、治療中の歯の中にわずかな唾液が入るだけで再発の原因となってしまいます。当院では、症例によっては「ラバーダム」という器具を使って唾液の浸入を防ぎます。

ラバーダムは薄いゴム製のシートで、治療する歯だけを残してお口全体を覆ってしまいます。唾液の浸入を完全にシャットアウトでき、根管治療の成功率も飛躍的に向上します。

「ニッケルチタンファイル」で感染部位を除去

ニッケルチタンファイルが根管治療の成功率を向上

神経組織を取り除くには、「ファイル」と呼ばれるヤスリに似た器具を使います。一般的な根管治療ではステンレス製のファイルが使われますが、ステンレス製ファイルは硬く、曲がりくねった根管にはフィットせず、神経組織を取りきれないことがあります。

そこで、ALBA歯科&矯正歯科では、曲がりくねった根管にも対応しやすい、柔軟性に富んだニッケルチタンファイル」を採用しています。ニッケルチタンファイルを使うことで、感染部位を効果的に除去できます。

「次亜塩素酸ナトリウム」による消毒・洗浄

根管内を殺菌洗浄する、次亜塩素酸ナトリウム

根管から感染部位を取り除く過程で、微細な削りカスが根管内に残ることがあります。これらの削りカスにも細菌が付着しているため、残すわけにはいきません。そこで、当院では強力な殺菌効果を持つ「次亜塩素酸ナトリウム」で根管を徹底的に洗浄します。この処置により、殺菌しながら削りカスを洗い流し、根管内を清潔に保ちます。

このような処置を経て、根管内を無菌状態にすることで、治療の成功率を高めています

「歯根端切除術」による抜歯回避

根管治療後の歯の根に再び炎症が起こると、根の先に膿がたまり、歯茎の腫れを引き起こすことがあります。症状が深刻な場合、従来の根管治療では対処が難しく、抜歯が必要になることもあります。

しかし、ALBA歯科&矯正歯科では「歯根端切除術」という治療法で、歯を抜かずに治療できる場合があります。この術式では、歯茎を切開して歯根の先端部分と膿の袋を除去します。除去後の空間には血液が充填され、時間の経過とともに骨によって埋められます。

歯の根の炎症を治療する歯根端切除術

セカンドオピニオンにも対応します

根管治療に取り組む医師と患者さん

神経を取る治療は、最初にどのような処置を受けるかが重要です。多くの歯科医院で行われているような、成功率の低い治療法で神経を取り除くと、将来的に歯を失う可能性が高くなってしまいます。

神経は、むやみに取っていいものではありません。現在通っている歯科医院で神経を取る場合は、どのような方法で再発を防いでいるか確認することをお勧めします。

ALBA歯科&矯正歯科ではセカンドオピニオンも受け付けています。お気軽にご相談ください。

ACCESS

<東京エリア>

有楽町マルイ院

ALBA歯科&矯正歯科「有楽町マルイ院」

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目7−1 有楽町マルイ5階

「有楽町」駅より徒歩1分

診療時間
10:30~14:30
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:30~18:30(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始、有楽町マルイ休館日は休診

03-6810-0408

渋谷モディ院

ALBA歯科&矯正歯科「渋谷モディ院」

〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目21−3 渋谷モディ3F

「渋谷」駅より徒歩3分

診療時間
10:30~14:30
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:30~18:30(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始・渋谷モディ休館日は休診

03-6455-1881

新宿マルイ院

ALBA歯科&矯正歯科「新宿マルイ院」

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目30−13 新宿マルイ本館6F

「新宿三丁目」駅より徒歩1分

診療時間
10:30~14:30
15:30~20:00
  • 年末年始、マルイ休館日は休診 ※10時30分にご予約の患者様は恐れ入りますが新宿マルイ本館のオープン時間が11時の為、到着前に医院まで直接お電話を下さい。1階エレベーター前までスタッフがお迎えにあがります。

03-6457-8864

ミーナ町田院

ALBA歯科&矯正歯科「ミーナ町田院」

〒194-0013 東京都町田市原町田4丁目1−17 ミーナ町田8階

「町田」駅より徒歩0分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • 年末年始、ミーナ町田休館日は休診

042-794-7335

池袋東口院

ALBA歯科&矯正歯科「池袋東口院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目19−6 オリックス池袋ビル1階

「池袋」駅より徒歩2分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • 年末年始は休診

03-5962-0048

セレオ八王子院

ALBA歯科&矯正歯科「セレオ八王子院」

〒192-0083 東京都八王子市旭町1−17 セレオ八王子南館1階104号

「八王子」駅より徒歩1分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • 年末年始は休診

042-649-4881

ルミネ立川院

ALBA歯科&矯正歯科「ルミネ立川院」

〒190-0012 東京都立川市曙町2丁目1−1 ルミネ立川9F

「立川」駅より徒歩1分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • 年末年始は休診

042-512-7611

<神奈川エリア>

川崎アゼリア院

ALBA歯科&矯正歯科「川崎アゼリア院」

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−2 川崎アゼリア1055

「川崎」駅より徒歩2分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始は休診

044-223-8810

川崎ダイス院

ALBA歯科&矯正歯科「川崎ダイス院」

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町8 川崎ダイスビル2F

「川崎」駅より徒歩1分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始、川崎ダイス休館日は休診

044-223-8249

武蔵小杉院

ALBA歯科&矯正歯科「武蔵小杉院」

〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1156番地 Classense武蔵小杉1階

「武蔵小杉」駅より徒歩4分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始は休診

044-872-8811

元住吉院

ALBA歯科&矯正歯科「元住吉院」

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月1丁目36−12 元住吉駅ビル1F

「元住吉」駅より徒歩0分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始は休診

044-863-8811

溝の口マルイ院

ALBA歯科&矯正歯科「溝の口マルイ院」

〒213-0001 神奈川県川崎市高津区溝口1丁目4−1 マルイファミリー溝口9F

「武蔵溝ノ口」駅より徒歩3分

診療時間
10:30~14:30
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:30~18:30(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始、マルイ溝口休館日は休診

044-322-8018

登戸院

ALBA歯科&矯正歯科「登戸院」

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2428 ゲートビルディング マルエツ3F

「登戸」駅より徒歩1分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始は休診

044-543-8249

イオンスタイル東戸塚院

ALBA歯科&矯正歯科「イオンスタイル東戸塚院」

〒244-8528 神奈川県横浜市戸塚区品濃町535−1 イオンスタイル東戸塚1F

「東戸塚」駅より徒歩4分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始、イオン東戸塚休館日は休診

045-390-0648

上永谷イトーヨーカドー院

ALBA歯科&矯正歯科「上永谷イトーヨーカドー院」

〒233-0013 神奈川県横浜市港南区丸山台1丁目12 イトーヨーカドー上永谷店3F

「上永谷」駅より徒歩3分

診療時間
10:00~19:00
  • ▲日・祝は18:00まで 年末年始、イトーヨーカドー上永谷休館日は休診

045-844-8418

大船院

ALBA歯科&矯正歯科「大船院」

〒247-0006 神奈川県横浜市栄区笠間2丁目2−1 グランシップ大船2F

「大船」駅より徒歩1分

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始、グランシップ大船休館日は休診

045-392-4018

海老名マルイ院

ALBA歯科&矯正歯科「海老名マルイ院」

〒243-0432 神奈川県海老名市中央1丁目6−1 マルイファミリー海老名301区画

「海老名」駅より徒歩2分

診療時間
10:30~14:30
15:30~20:00
  • 年末年始、海老名マルイ休館日は休診

046-244-4117

ダイナシティ小田原院

ALBA歯科&矯正歯科「ダイナシティ小田原院」

〒250-0872 神奈川県小田原市中里208 ダイナシティウエスト内4F

小田原ダイナシティ4F

診療時間
10:00~14:00
15:30~20:00
  • ▲日曜は10:00~18:00(通し) ◆祝日は18:00まで 年末年始、ダイナシティ休館日は休診

0465-49-0241

<海外エリア>

このページの先頭に戻る